スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達に・・・

  • 2007/02/27(火) 19:24:33

xpのリカバリーディスク借りて頑張ってみようと思う(笑)
あー受験近いな
勉強せな

まぁしないとおもうが

明日は放課後友人宅にて麻雀でしょうか
もうなんかメゾンドペンギン状態
今週JUMP参照

あー
あー
あー

眠れない夜君のせいだよ
さっきわかれたばかりなのに
耳たぶがもえている
はじめてのチュウー
君とチュウ
なぜか優しい気持ちがいっぱい
涙が流れちゃう男の癖に



特に意味はない

「お尋ねします。このあたりでついさっき」
「涙の落ちる音が、聞こえた気がして。かけつけたんだけどだれの涙かな?」
女の子は目を擦って見上げる
「そういえば君はずいぶん赤い目をしてるね」
女の子は下を見る
えぇーっと・・・うん。
男は肩からかけた古い布で縫っただけの鞄から紙切れを取り出した

「そうだ。いくつかの物語をプレゼントしてあげる。」
女の子に紙切れを渡す

「ちゃんと読んでおくこと。いいね?」
女の子はゆっくりとうなずいた
「それじゃぁまた後で」

これは約一分程の話の

なんとなく書いてみた
パソコンなくて暇すぎる
携帯で小説でもつくるかな。
まぁかんのうではない

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ぱくりかちきUょー

  • 投稿者: あんりn
  • 2007/02/28(水) 13:39:20
  • [編集]

官能^^;;;;;;;;;;
麒麟らしい。 うちがいえることじゃないけどな(笑)

  • 投稿者: きり
  • 2007/02/28(水) 14:42:33
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。