スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃がいたい

  • 2006/07/24(月) 18:31:48

練炭ってどこに売ってるの(’
んじゃぁ小説いきますかー
亀頭を綾香ちゃんのあそこに、くにっ、とつける!

とても入らない、無理矢理入れれば裂けるかもしれないと思えるほどの小さな割れ目だったが・・・

 

・・・にゅるっ!!

 

「ぎいっ!!」

 

あまりの感触に声が出る!

綾香ちゃんのあそこは僕の亀頭が触れただけで、

まるで吸い込むように飲み込んでしまった!いや、吸い込んでいる!そのまま根元まできっちりと・・・!!

 

にゅるにゅるにゅる・・・

 

「ぐああ!綾香ちゃあああん!!」

「おにいちゃん、気持ちいいっ・・んっ・・・」

 

吸い込まれたペニスはまったく隙間無く綾香ちゃんの膣に締め付けられる、

ぎっちりと吸付いて、ペニスの神経を熱く煮えたぎらせるううう!!!!!

 

「だ、駄目だ、もう、もう、あああああーーー!!!」

 

綾香ちゃんに覆い被さったまま僕は、

僕はあまりの快感に真っ白になってええ!!

 

「いぐうううううーーーーー!!!」

 

びゅるびゅるびゅるびゅるびゅるびゅるびゅるびゅるびゅるびゅるびゅるびゅるびゅるびゅる~~~~~・・・・・

 

「はあん!いいのおお!おにいちゃああああああああん!!!」

 

きゅうっと僕の背中に両手を回してしがみつく綾香ちゃん、

腰を射精の勢いでびくんびくんさせる僕・・・僕の生まれて史上最高の射精だあ!!

 

びゅるるるる、びゅくんびゅくん、びゅうううーーーーー・・・・・

びゅびゅっ、びゅびゅびゅうううーーっ、びゅううううっっっ・・・・・・・

 

「おにいちゃん!きもちいいよお!きもちいいよおおお!!!」

 

僕の胸の下であえぐ綾香ちゃん、

相当感じてるみたい・・必死に抱き着いて身を捩っている、

その振動がさらに僕のモノを搾るうう!!

 

「綾香ちゃん!僕も、気持ちよすぎるよおおお!!!」

「もっとお!もっとほしいのおぉ!もっとおおぉ!!」

 

ねだる綾香ちゃん・・・

僕は腰を動かしてないのに綾香ちゃんの中で、

ぐちゃぐちゃにピストン運動させられているみたいだ・・・

熱い膣で搾り溶かされているような・・快感!!

 

ぬちゃ、にちゃ、ぐちゃぐちゃぐちゃ・・・・・

 

「はぁ、はぁ、綾香ちゃん、すごいよ、最高だよ・・」

「おにいちゃんの・・おいしい・・もっと・もっと・もっと・・」

 

部屋に響き渡る僕と綾香ちゃんの声、息遣い、

そして自然に卑猥にぐちゃぐちゃと僕のモノに絡み付く綾香ちゃんとの連結部の音・・すごい・・・

 

「こ、こんなに・・すごい・・吸付くんだあ・・・!!」

「あん!あん!おにいちゃん!もっと出してええ!!」

 

あひい・・僕は今、小学生の少女の膣に出してるんだ、死ぬほど射精しているんだあ!!

止まらない・・こんなに小学生のあそこって気持ちいいんだ・・淫行がなくならないハズだあ・・!!

幼い少女の未発達なあそこに・・生理が来てないからいいか・・ああ、もう、駄目、本当に止まらないいいい!空になるうう!!  


びゅう・・ぴゅう・・・ぴゅぴゅっ・・・ぴゅっ・・びゅ・・・・・

 

「綾香ちゃん・・あ・・ああ・・あや・・か・ちゃ・・・ん・・・」

「おにいちゃんもっと・・もっともっともっともっともっとおお」

 

痺れるううう・・・綾香ちゃんのあそこ・・痺れるううう・・・

根元までぐっぽり食い付いて・・どくどく出る精を吸い尽くしてるう・・・

僕はもう、全身を突っ張って射精しながら狂い続けてる、あまりの快感にい・・いひい・・・

 

「もっと・・あんっ・もっと・・もっと・もっと・・・」

 

ぴゅるうっ・・・射精の勢いが弱まってきた、

そりゃそうだ、もう何十分射精してるんだろう・・30分ぐらい?もっと?

でも快感が止まらない・・・きつすぎる快感、そしてきつすぎる綾香ちゃんのあそこ・・・

 

「うっ・・はぁはぁ・・綾香ちゃん・・そろそろ・・抜くよ・・」

「・・やぁ・・・」

 

ぐちゅううっ、とさらに変形したかのように吸い付き揉みしだく綾香ちゃんの膣!

 

「ぐああ!もう、駄目・・抜く・よ・・」

「いやだぁ・・」

 

シーツに手をついて、なんとか腰を浮かせようとする・・・

駄目だ!腰が完全に抜けてる・・快感に痺れて動けない!腕にも力が・・狂うほどの快感でえ!!

 

「お願い綾香ちゃん・・吸いつきすぎて、痛いから・・ちょっとだけ、ね・・んっ!!」

 

体を転がして横になる・・

それでも抱き付いたままの綾香ちゃん・・・

逃がさまいと足をからめてくるう!!

 

「駄目だああ!これ以上は、僕のおちんちんが、お、おかしくなっちゃうからあ!んあっ!!」

 

残った力を全て出し、綾香ちゃんにささったペニスを抜こうとする僕!しかし・・・

 

「ぬ、抜けないい!あうう!!」

 

びゅくびゅくびゅくっっ!!

 

抜こうとするとさらに吸い付く綾香ちゃんの肉壷!

射精の勢いまで強く搾り出される!!駄目だ!!!

抜こうとすればするほど抜けなくなっていくう!!射精させられるうう!!!

 

「た、たすけて・・綾香ちゃん・・・!!もう、出したくないよお!狂っちゃうよおお!!」

「もっともっとお、もっとおお!!」

 

ごろん、とさらに抱き着いたまま転がる綾香ちゃん、

今度は綾香ちゃんが僕の上に乗っかる格好に・・・!!

 

「おっとおなかいっぱいにしてぇ・・・」

 

そういった綾香ちゃんの白いおなかは、

もうじゅうぶんにぷっくりと膨れている、

おなかというか子宮のあたりが・・・あの中に全部僕の精液が!?

 

「もう嫌だよお、痛いよお、きついよお、絞めないで・・綾香ちゃん・・1度抜いて・・!!」

 

弱々しく震えてしまっている僕の両手で上の綾香ちゃんの腰をつかまえ、

持ち上げようとするが・・・重い石のように持ち上げられない!!あんなに軽いはずの綾香ちゃんが!?

 

「もう、もう・・ううっ!!」

 

ぴゅるぴゅるぴゅる・・・

 

「うひい!!」

 

持ち上げようとしたため、

離そうとしたために離れまいと綾香ちゃんの膣が、

さらに僕のペニスをぎゅうぎゅうに捻じり絞め、凄まじい快感を送って力を奪う!!

 

「もう・・出ないよお・・たす・・けて・・」

「・・もっともっと出させてあげるねえ・・・」

 

綾香ちゃんの目が光り、髪が舞った!!

 

ガクガクガクガクガク!!!!!

 

「うぎゃあああああああああーーーーー!!!」

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

no title

練炭て↓自殺でもする気か↓

  • 投稿者: ape
  • 2006/07/24(月) 21:11:52
  • [編集]

no title

今日なんか様子おかしかったし。
冗談でも自殺とかしたら元も子もねーんだからな
それを承知でこっちもずっと耐えてきたつもりだ
生きてりゃ色々あんだ。悪いことがあったんならいいことがあるの繰り返し、いつかはあるとしんじればいい
大体龍がいなくなったらどうなると思う?
今までずっといた仲間がいなくなるのは本当にいやだしさ
もし失敗してもまだ人生の10分の1くらいいくらでもやりなおせるし今何で悩んでるかよくわからないけど前向きに考えるんだよ
悪口言われてるんだったら自分は相手にされてんだなーって思えばいいし一人一人には自分にしかできないことがあるんだし
まぁ龍がいなくなったら悲しむ人が何人もいるってことだけは自信もってな。 

  • 投稿者: ほぼ同じ立場の人
  • 2006/07/24(月) 22:54:58
  • [編集]

no title

いきなり文字が大きくなったから何かと思ったら

18 禁 小 説 じ ゃ な い で す か

えrs><


以前、龍っちに言われたことをそのまま返すよ

「考えすぎるな」

うちが混乱してたときによく言ってくれたよね。

結構これからそこまで深読みはしてな(ry
練炭てさ・・・いっt(ry

  • 投稿者: kiri
  • 2006/07/27(木) 10:29:28
  • [編集]

no title

お前…更新もせずに…話しかけても無視って;;
ヒドイっつぅ話し。
さとに言いつけてやるぞぉ。

  • 投稿者: 妹歌
  • 2006/07/30(日) 12:37:08
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。