スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が壊れそうです

  • 2006/07/23(日) 22:18:20

んー
死にそう
んじゃ小説
ぴちゃっ、ぺちゃっ、

じゅるじゅるじゅる・・・

 

綺麗な割れ目の周辺からその内部を丹念になめる・・・

僕の唾液がまるで愛液のように幼い割れ目を濡らす・・・

綾香ちゃんの細い足が小刻みに震え、「んっ・・んっ」と息が荒くなるのがわかる。

薄暗い部屋、こんな幼い少女のあそこを僕は・・・

 

「んん・・おにぃちゃん・・きちゃう・・よぉ・・・」

 

き、きちゃうって、こんなに幼いのに、絶頂が?

でも僕が4年生ぐらいの頃だって、じゅうぶん・・男と女が同じなら。

 

「じゃあ、いかせてあげるよ、綾香ちゃん・・・」

 

僕はもう遠慮無く綾香ちゃんの割れ目を舌でえぐりだす、

処女が破れちゃうんじゃないか、という心配が一瞬したが、

そんな理性など吹き飛ぶ淫辣な欲望が吹き出した、

指でくにっ、と割れ目を広げて・・・暗くてもその綺麗さはわかる・・・

 

じゅぶ、ぢゅる、れろれろれろーっ・・・

 

「んくぅん、おにぃちゃん、もっと、もっと、出てるとこもぉ」

 

・・出てるとこ?・・・あぁ、クリトリスか、

確かに少し出てる・・・舌でクリクリすると・・・

 

「あああんっっ!いいよおっ!!」

 

すごい、こんなに感じるんだ・・・

さらに徹底的に突起を重点的に攻める。

 

「あんあんあん!あんっ!んあんっっ!!!」

 

膣から愛液がこんこんと湧き出る・・・

いやらしい・・・僕はもっと吸付いてみたり

、さらには吸いながら舌でレロレロしていると・・・

 

「あ、あ、ああ、き、きちゃう、きちゃう、あーーーーーーーーーー!!!」

 

全身を激しく震わす綾香ちゃん、

白目を向いて涎をたらして・・・

その幼さと色っぽさと卑猥さが重なり合った禁断の絶頂・・・

くたっ、と力を抜く綾香ちゃん、

僕は何とも言えない背徳感と興奮の勢いのまま、綾香ちゃんの体を舐め回す・・・

 

れろ、れろーーー・・れろれろれろ・・・・・

 

張りのある幼い裸体・・・

太股から足の先、背中から首筋、両手、脇の下も・・・

僕は右手で自分のモノをしごきながら、綾香ちゃんの全身を・・

乳首をもっともっとなめたい・・しゃくるように舐める・・・キスももっとしたい・・・

涎をなめとる・・・そのまま唇を吸う・・左手で長い髪をなでる・・・

手に吸付くように髪が絡み付く・・・自分のモノをしごく右手が速くなる・・・

 

「はぁ、はぁ、はぁ・・・もう、もう出るっ!!」

「・・・喉が渇いたの・・」

「えっ!?」

 

突然、綾香ちゃんがガバッ、と僕の股間に顔を近づけ、そして・・・

 

ぱくっ・・・ちゅうちゅうちゅう・・れろれろれろ・・・

 

「あ、あひっ!綾香ちゃんっ!?そ、そんな・・舌を・・吸い・あああああ!!!」

 

幼い口で僕のモノをしゃぶってる!

吸いながら舌を巧みに動かして・・・

八重歯がカリを刺激してるう!出ちゃう!

完全に子供の、綾香ちゃんの口の中にい!!

 

「ご、ごめん!で、でるう!あああああ!!」

 

ぴゅーーーーー・・・!!

・・・ちゅうちゅうちゅう・・・ちゅううーーーーーっっ!!

 

「!!!」

 

すごい快感!全身の毛が逆立つ!

射精しても綾香ちゃんが激しく吸い続けているために、

普段の射精より出る速度が数段速くなり、吸われる快感により気が狂いそうになる!!

まるで玉まで吸い上げられそうな・・おかげで射精の時間も長い!

10秒・・20秒・・まだ吸われてるう・・腰が、抜けたあああ・・・!!

 

ごくん、ごくん、ごきゅ・・・

 

綾香ちゃんは精液を飲みながらもさらに吸ってる、

舌で筋をしゃぶりながら・・・た、助けて・・・・・

もう1分ぐらい絶頂が続いてる・・気持ち良すぎて痛い・・・

 

「ひぃ・・・綾香ちゃ・・・ん・・・・・」

 

ちゅうちゅうちゅう・・ごくごくごく・・・

ちゅうちゅうちゅう・・・・・・・・・・ちゅぽん!

 

ようやく口から離れた・・・

じんじんと痺れてる・・まだきつく勃起してる・・・

ああ、こんなテクニックどこで・・・恐い少女だ・・・!!

 

「おにいちゃん、もっとちょうだい・・・」

 

僕の腰の上にまたがって立ち、

幼く細い指で自らの性器を広げてみせる綾香ちゃん、

きらきらと光って見える・・・小さなあそこ、ああ、また味わいたい・・・

 

「いっぱいちょうだい・・・」

 

そう言うと綾香ちゃんは腰を下ろしはじめ、

開いたあそこをまだ勃起している僕のモノへ!ま、まさか!!

「綾香ちゃん、それは無理だよ!駄目だよ!綾香ちゃん!!」

 

僕は最後に残った理性と力を振り絞り起き上がる、

そのまま綾香ちゃんを勢いあまって押し倒す!!!

 

「駄目・・しちゃ駄目・・あああ!!」

 

言葉では拒んでいるのに僕はペニスを握り、

押し倒した綾香ちゃんのあそこへ狙いを定めていた!

最後の理性で綾香ちゃんから逃げるために突き倒したつもりが、

逆に理性がなくなってて綾香ちゃんを押し倒していたなんて・・なんて人間ってもろいんだあ!!

 

「ごめん!綾香ちゃん!いけないのに・・こんなこと、いけないのにい!!」

 

小学生なのに・・小学生の少女ををををを!!!

 

「おにいちゃん、ずぽずぽしてぇ・・・」

 

「!!!」

 

その甘い誘惑に僕はキレた!

 

「綾香ちゃんんん!!!」

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

どぅも,小説が気になってしょうがなぃチョコですゎw
前に zさやかz の友達とぃぅ理由でチャットしましたね((
よければリンクょろb
http://yaplog.jp/choco_max/

  • 投稿者: 甘チョコ甘
  • 2006/07/24(月) 02:57:16
  • [編集]

no title

小学生がそんなテクニックあるわけないよ
σ(^-ェ-^).oO ( 綾香チャンのイメージ )
http://kids.goo.ne.jp/island/asobino/school/img/img_dl_3.jpg

つかきもい小説はやくおわらせてほしい;;;;

  • 投稿者: 杏仁
  • 2006/07/24(月) 18:12:02
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。